バイクの呪文

前回、ジンクスについて記事を書いたけど、今回も似たような記事を書きます。

じつは、バイクに乗る時にはジンクスだけではなく、もう一つやっていることがあります。それは何かというと「祈り」です。心の中でただ祈る。それをバイクに跨ったとき燃料タンクをポンっと叩きながらしています。

で、何を祈っているかというと、無事故であること、トラブルがないこと、楽しくツーリングできること、そんな感じです。なので、これも俺のジンクスですね。いや、ルーティンなのかな。

べつに、特定の宗教をしている訳ではないですけど、神社仏閣が好きなもんですから、祈ることに抵抗はなく頻繁にします。

ま、こんなことを揶揄する人いますけど、俺には関係ない。祈りが効くかどうかも関係ない。それよりも祈りによって、バイクをバディとし、心を穏やかにし、平常心を持ってバイクに乗る。それが大事かと。

ただ、今回の記事は、目に見えないものを見ようとしないものには伝わらないでしょう。沖縄では昔から、森羅万象には魂が宿っていると学んできたもんでね、当然それはバイクも同じでして、バイクを走らせる前にちょっとした祈りをして、対話しているわけです。

祭りの時も神棚にお祈りする、商売するときも神棚にお祈りする、海開きをするときもお祈りをする、船で漁に出るときもお祈りする、家を建てるときもお祈りする。俺たちの周りには、そんなものがたくさんあるんですけど、こんな話をすると、なぜか揶揄する人がいるんですよね。ま、いいけど。

俺は、見えないものがあるということを信じる男でいたいし、そんな生き方が好きです。


投稿日

投稿者: